それは結婚ではない!

従来の価値観、原則、信教の自由が少しずつ崩れ、破滅に向かう道が続いている。最新の問題として同性婚に注目が集まっている。アイルランドは「一般投票」で同性婚が合法化された最初の国になった。それから間もなく、米国の最高裁判所が5対4で同性婚を合法化した。こうした民主主義国であっても、国民が声を上げ、投票することはできなかった。判断を下したのは5人の裁判官である。同性婚は本当に結婚なのだろうか? 続きを読む

カテゴリー: 生命, 家族, 人口

世界で最も迫害されている人たち

ロヒンギャとはどんな人々か?ロヒンギャは仏教国であるミャンマーとバングラデシュに住むイスラム教徒である。彼らは世界で最も迫害されている少数派であるだけでなく、政府から少数民族として公式に認められていない。数十年にもわたり、彼らは多数派である仏教徒から差別と暴力を受けている。 続きを読む

カテゴリー: 人口 | タグ: , , ,

高齢者の孤独 – 多くの高齢者が一人暮らしをしている

高齢者の孤独の問題が世界中で問題視されている。英国と米国では、65歳以上の高齢者の3人に1人が一人暮らしをしている。米国では、85歳以上の高齢者の半数が一人暮らしである。日本では65歳以上の高齢者の数が1億2711万人の人口の26.7%を占めている。中国、インド、シンガポール、韓国なども同様の問題に直面している。 続きを読む

カテゴリー: 高齢者, 人口 | タグ: ,

人間が作った破壊的な法制度

人間の法制度を神を超えるレベルまで引き上げたらどうなるのか?アイルランドの最高裁判所が、先日、重度の障害がある胎児やレイプによって妊娠した胎児の中絶を可能にする法律を制定した。簡単に言うと、神によって創られた無垢の命を殺す権利が法制度によって認められたことになる。 続きを読む

カテゴリー: 生命, 家族, 中絶 | タグ: , , ,

原子力はソリューションになるのか

今日の大きな課題:「チェルノブイリでは100万人が死亡した。福島では500万人が死んでしまうのか?」2011年3月の福島では、巨大地震と津波によって3つの原子炉がメルトダウンを起こし、そこに入れば人が一瞬で死んでしまうほどの大量の「放射線」が炉心から放出され続けている。この放射線の問題をすぐに解決できるソリューションがあるだろうか?あるはずがない。放射線の問題は今後何年も続いていくのである。 続きを読む

カテゴリー: 生命, 戦争, 人口 | タグ:

「痛みの海」

シリアでは、戦場から遠く離れた公の収容施設や臨時収容施設での抑留者の殺害を含め、大規模で組織的な暴力が行われている。 続きを読む

カテゴリー: 軍事力, 戦争 | タグ: , , ,

ダウン症の赤ん坊に対する戦争

ダウン症の赤ん坊に対する戦争が拡大を続けている。英国では「優生学のためのダウン症の新しい出生前検査?」というニュースヘッドラインが発表された。英国ではより正確な出生前検査が新たに開発されている。 続きを読む

カテゴリー: 生命, 家族, 中絶, 人口

難民は単なる統計上の言葉ではない

国連は、世界中で故国を去った人が約6000万人に上ると概算している。これらの人々を「難民」と呼ぶべきか、「移民」と呼ぶべきか?マスメディアはこれらの用語を区別しないで使用しているが、実際には大きな違いがある。 続きを読む

カテゴリー: 生命, 戦争, 人口

人間の巨大な破壊力

通勤通学前に家族で朝食を摂っていた罪のない人々に米国が原子爆弾を投下して71年がたった。原子爆弾が初めて投下された都市は広島だった。時刻は1945年8月6日8:15am。わずか数分で、赤ん坊、学童、母親、祖父母を含む町全体が完全に消失した。放射線は非常に強力で、即死しなかった人々は、その後数週間、数カ月、数年たって被爆により死亡した。医師、看護師、医療施設の90%が破壊され、苦痛と苦悩は大変なものだったに違いない。「リトルボーイ」ー戦争で初めて使われたウラン・ガンタイプ原子爆弾につけられた名称-は90,000ー146,000人の広島の人々を殺害したと考えられている。 続きを読む

カテゴリー: 軍事力, 戦争

新種のコカイン

アメリカのクリスチャン社会にポルノが深刻なほど浸透している。最近の調査の結果では、クリスチャンの男性の54%と女性の15%が、少なくとも月に1回定期的にポルノを鑑賞していることが示されている。その割合の高さは驚くべきものである。クリスチャンとは、神の創造した世界を尊重し、女性の尊厳を敬い、またそうした恥ずべき行為を拒絶し、社会においては反対を受ける印(a sign of contradiction)となる人々である。 続きを読む

カテゴリー: ポルノ

パキスタン人に向けた警鐘

パキスタン人に向けた警鐘とは、子供、若者、未来を愛し、大切にするよう呼びかけることである。パキスタンを脱出した若い少年少女の苦痛と恐怖の体験談から、パキスタン社会で最も無垢で傷つきやすい少年少女たちが日常的に虐待され、身体的な危害を加えられていることが近頃、判明した。 続きを読む

カテゴリー: 人口

目に見えないクラス:「Donor-Conceived(精子・卵子の提供を受けて誕生)」した人たち

「Donor-Conceived(精子・卵子の提供を受けて子供を作る)」とは? 続きを読む

カテゴリー: 家族, 人口, 代理出産

とんでもない恐怖:中絶された赤ちゃんの器官を売ること

12毎年、家族計画連盟は中絶を資金的に援助するために米国民の税金5億ドル以上を受け取っています。その上、 中絶された赤ちゃんの死体部分を売ることによってさらに多くの利益を上げていることを最近公表しました。そうなのです !家族計画連盟はまだ生まれていない赤ちゃんの生命を終わらせるだけでなく、 中絶された赤ちゃんの死体部分を売ることで更なる利益を得ているのです。 続きを読む

カテゴリー: 生命, 家族, 中絶 | タグ: , , ,

トランスジェンダー(性同一性障害者)用ロッカールーム

36393293-abstract-man-or-woman-androgyn-watercolor-consept-portrait-isolated-on-white-background今朝、私はスポーツセンターの女性ロッカールームにトランスジェンダーパーソンが入ってきたという苦情を述べている女性の記事を読んだ。私は思わず「ちょっと待って!」と反応した。 続きを読む

カテゴリー: 生命, 同性愛, 家族, 人口

人間性を損なう悪

prochoice002prochoice政府や施設による強制的な中絶、避妊法の使用、望まない不妊術により、母親、父親、子供を犠牲にし、支配するといった脅迫行為が存在するのはなぜだろうか?「中絶産業」と呼ばれるこうした悪の構築を加速しているのは何だろうか?その答えとして有力なのが(1)脅しの戦略(中絶禁止は女性の選択の自由を奪う)(2)金銭(モラルを低下させる)の2つである。 続きを読む

カテゴリー: 中絶 | タグ: , ,