作成者別アーカイブ: ノボトニー ⋆ ジェローム 神父

ノボトニー ⋆ ジェローム 神父 について

Oblate Missionaries of Mary Immaculate (0MI)は 聖母献身宣教会 (オブレート 会)に所属するカトリックの司祭ならびに兄弟のグループです。私たちは 全ての人々 --特に貧しい人々 --が人間としての尊厳に対して、完全な自覚を勝ち取るために 努力しています。私たちは、声なき者の叫びを聞き、そして多くの人に聞いてほしい とがんばっています。正義への行動は、私たちの仕事に欠くことのできない部分であ り、抑圧と貧困の原因となる全てを変えようとしているのです。このように、私たち は、まさに命の誕生からその終わりまで、人間の尊厳を認識する社会を創ることにあ ずかっています。

私は身をかがめて、息子にキスをした。

今日の社会では多くの人々が、中絶後に母親が感じる痛みについて理解する。だが、男性 … 続きを読む

カテゴリー: 生命, 家族, 中絶, 人口 | タグ: ,

難民とコロナウイルスの「隠れた犠牲者」

最近の推計によると、世界中で70,754,326人の人々が難民となっている。これ … 続きを読む

カテゴリー: 人口 | タグ: ,

私たちは一人で歩むのか?

最近、スリランカの茶農園労働者の苦しみとCOVID-19のパンデミックについての … 続きを読む

カテゴリー: 反射

神か無か

ここ数ヶ月の、いのちの問題に関する新聞や雑誌の記事、ニュースなどは余り良くない傾 … 続きを読む

カテゴリー: 生命, 高齢者, 家族, 人口

ローマ教皇フランシスコは正しい:カトリックの教義では死刑囚監房は認められていない

2018年8月2日、ローマ教皇フランシスコは、カトリック教会のカテキズムを改訂し … 続きを読む

カテゴリー: 生命, 軍事力, 安楽死, 戦争, 人口

合法化された犠牲-生後23ヵ月の男の子

イギリスで死の文化が大きな一歩を踏み出した。イギリスは民主主義と個人の権利がしっ … 続きを読む

カテゴリー: 生命, 安楽死

生まれる前の子供の人間性を奪う社会

今日、「生殖」に対する攻撃が続くのはなぜだろうか?「生殖」は受精し、生物学的な赤 … 続きを読む

カテゴリー: 生命, 安楽死, 中絶, 人口

『人の命』の重要性-50年後

『フマネ・ヴィテ』は、ローマ教皇パウロ6世が1968年に書いた予言的回勅である。 … 続きを読む

カテゴリー: 生命, 家族, 中絶

なぜ生まれることのなかった子供をめぐる戦いが起きているか?

「子供の命を奪うような国に明日はない」ここ5年から10年の間、新聞には中絶や避妊 … 続きを読む

カテゴリー: 生命, 家族, 中絶

真実vsジェンダーのスリップリー・スロープ

生涯の友へ:3つのジェンダー運動にもはや目新しさがないというなら、自分自身の代名 … 続きを読む

カテゴリー: 同性愛, 人口

荒野で叫ぶ声

詩人ワーサン・シャイアが自身の詩「ホーム」の一節を引用している。 家がサメの口で … 続きを読む

カテゴリー: 難民, 人口 | タグ:

恐怖の逃亡に迫る人道的危機

難民の苦境に関するニュースを日々読んでいると、故郷や国から逃げたくて逃亡している … 続きを読む

カテゴリー: 難民 | タグ:

自分ではない者のふりをする

今、私たちはモラルや原理のない世界に生きている。私たちは(1)キャンプで生活する … 続きを読む

カテゴリー: 同性愛

帰る場所がない

母親が地平線を見つめている。彼女がたもとに座っている木の合間から焼けつくような太 … 続きを読む

カテゴリー: 難民, 人口

1500万人の少女にとって悲惨な結果

結婚を強要される幼い少女を想像できるだろうか?心理的な恐怖、受け入れがたい苦痛、 … 続きを読む

カテゴリー: 同性愛, 家族, 人口