どのように違いを生み出せるか

現在の世界では、多様な不安や混迷が存在する。例えば、国連によると、8000万人の人々が住む場所を追われている。このような人々は、教育、医療、雇用の機会やその他の機会へのアクセスがないという困難に直面している。高齢化も、もう一つの世界規模の問題である。現在、65歳超の人口が初めて5歳未満の子どもの人口を上回った。人種的な不平等や不公平が「世界的人種差別主義」に対する抗議を引き起こしている。暴動やデモが、アメリカや欧州だけでなく、世界中で起きている。

児童虐待、家庭内暴力、高齢者への虐待、及び学校、職場、刑務所及び介護施設などの施設での暴力などの、その他の形態の暴力もある。

我々に何ができるのか?違いを生み出すにはどうすればよいのか?

1955年、「Let There Be Peace On Earth(地上に平和を)」という曲が発売され、様々な人種や地域の若者の間で大人気となった。若者たちはその歌詞に非常に感動し、この歌を教会や学校に持ち込んだ。それ以降、集会で、また、卒業式、平和行進やその他の会合で、世界中で歌われてきた。

地上に平和を
私から始めよう
地上に平和を
本来あるべき平和を

父なる神とともに
我々は皆同胞である
同胞とともに歩こう
完全なる調和の中で

この歌は長年にわたって人気が衰えることはなかった。歌が一人一人の心の願い-平和への強い願い-に訴えるものだったからである。誰もが地上に平和を望んでいる。そして誰もがこの地球をより平和な場所にするために貢献したいと望んでいる。これは、宗教、人種、民族的背景、又は政党が何であろうと、我々は皆関わりあえるという歌である。「Let there be peace on earth, and let it begin with me(地上に平和を、私から始めよう)。」

世界のあらゆる悲しい部分、あらゆる不公平、そしてあらゆる暴力を目にしたとき、我々は無力感を感じるかもしれない。我々は傷つけられている同胞を守りたい。正義や平和のために尽力したい。しかし、多くの場合、どこから始めればよいかわからない。何をすればよいかわからない。何を言えばよいのかわからない。

「Let There Be Peace On Earth(地上に平和を)」というこの美しい曲は、どうやって違いを生み出すかを我々に教えてくれる。「私から平和を始めよう。」出会う人一人一人に同胞のように接すれば、世界に及ぼす害は減るだろう。復讐を企てるのではなく、心から他者を許せば、世界から暴力は減るだろう。そして声を上がられない人々に私が声を貸せば、世界から不公平は減るだろう。すべて私から始まる。あなたから始まる。

公正な法及び抑圧の少ない政治構造に取り組むことは重要である。しかし人々の心の中に平和がなければ、彼らはその法を破るだろう。平和を望む人々がいなければ、平和な世界を実現することはできない。

そこでイエスキリストの登場である。キリストは平和の君である。キリストは世界が実現できなかった平和を我々に約束した。キリストは我々を教え導いた。「私はあなたたちを休ませよう。私は心の柔和なへりくだった者であるから、くびきをとって私に習う。」 (マテオ 11:29)

イエスキリストから、我々は敵を愛することを教わる。イエスキリストから、悪に対して善で報いることを教わる。イエスキリストから、虐げられた人々の側に立つことを教わる。イエスキリストから、代価を計算せずに与えることを教わる。

この困難を抱えた世界で平和が現実のものとなるのであれば、我々一人一人が自分の心を見つめなければならない。どこで許すことができなかったのか?他の宗教を持つ人々や他の民族を敵としてみているか、それとも同胞としてみているか?本当に平和や公正を心から望んでいるか、それともただ自分の生き方やイデオロギーを他者に強要しているのか?

自分のことをクリスチャンと呼ぶのであれば、自分自身や他者に容認することができない振る舞いがある。他の人種、性的指向、宗教及び民族的背景を有する人々を貶めるような、中傷の言葉を使用することは罪である。そのような行為は人々から神の子としての尊厳を奪うからである。そのようなジョークを口にすべきではないし、そのようなジョークに笑うべきでもない。

旧約聖書では、預言者ザカリアが、戦争の武器を破壊する救世主の到来を告げた。ザカリアは戦争の悲惨さをよく知っている人々に向けて話していた。我々のように、ザカリアは戦争の武器が永遠に放棄される日が来ることを夢見ていた。救世主は降臨した。その方こそイエス・キリストである。しかし、キリストが世界に平和をもたらすためには、まずキリストの説く平和を、我々が自分の心の中に受け入れなければならない。

我々は新約聖書の中で、控えめで謙虚なイエスキリストについて学ぶ。キリストは自分の王国を力や暴力によって実現しなかった。それを柔和さや謙虚さで実現した。キリストを模範として、我々はこの壊れてしまった世界に平和をもたらすことができる。地上の平和はイエス・キリストから始まった。今、それを我々から始めなければならない。今、それをあなたから始めなければならない。

ノボトニー ⋆ ジェローム 神父 について

Oblate Missionaries of Mary Immaculate (0MI)は 聖母献身宣教会 (オブレート 会)に所属するカトリックの司祭ならびに兄弟のグループです。私たちは 全ての人々 --特に貧しい人々 --が人間としての尊厳に対して、完全な自覚を勝ち取るために 努力しています。私たちは、声なき者の叫びを聞き、そして多くの人に聞いてほしい とがんばっています。正義への行動は、私たちの仕事に欠くことのできない部分であ り、抑圧と貧困の原因となる全てを変えようとしているのです。このように、私たち は、まさに命の誕生からその終わりまで、人間の尊厳を認識する社会を創ることにあ ずかっています。
カテゴリー: 反射 パーマリンク