真実vsジェンダーのスリップリー・スロープ

生涯の友へ:3つのジェンダー運動にもはや目新しさがないというなら、自分自身の代名詞を作る選択肢も含めた6つの「ジェンダー」から選んでみよう。これでさらにおかしくなっていく。プリンストン大学とミシガン大学は、率先してこうした行動を推進している。ワシントンポストによると、50以上の大学や総合大学が医学的介入の証拠となる書類がない学生に自分のジェンダー選択を認めている。プリンストン大学の学生は、複数のジェンダーを選択できると報告されている。すなわち、男性と女性の両方を選択できるのである。

ミシガン大学のある学生が冗談で「陛下」を自分の代名詞にした。そして学生が自分で選んだこの代名詞で彼を呼んでいた教授もいたと報告されている。以下に紹介するように、スリップリー・スロープが続いている。

見出し:カリフォルニアでトランスジェンダーな代名詞を使用しない人の拘置を開始。この法律が可決されれば、「トランスジェンダーの住民が好む名前や代名詞の使用」を拒む人々に影響が出るだろう。彼らには、カリフォルニアの安全衛生規範に従い、1,000ドルの罰金と1年以下の懲役が科せられる。

当初から、高等教育の目的は、人々に満足感を与えることではなく、真実を教えることだった。高校、大学、総合大学でトランスジェンダーの授業は行われておらず、研究に基づいた学位の提供も行われてこなかった。これは、最近の教師がこの話題を教えるのに色々と準備をする必要があることを意味している。なんということだろう!若者の未来を考えるのにすばらしい方法ではないか。疑わしいと思うなら、グーグルで検索してもらいたい。結果はショッキングなものである!!研究はまだ始まったばかりである。

私は、最近、セックスとジェンダーの区別が正当化されることに危機感を抱いている。この区別の正当性を証明できるものがあるだろうか?この未知の「スリップリー・スロープ」に足を踏み入れ、それを事実に基づく教育として教える権利を「高等教育」に認めるだけの研究は行われていない。家族研究委員会のシニアフェローであるChris Gacekは次のように述べている。「セックスとジェンダーが区別可能という考えは真実ではない。虚偽である。」

メリアム ウェブスター辞書によると:
1. ジェンダー(名詞):男性または女性である状態
2. セックス(名詞):男性または女性である状態
3. 女性の(形容詞):出産や産卵が可能な性の、またはその性に関係する
4. 男性(名詞):女性の卵を受精させる小型の運動性配偶子(精子として)を生産できる個体

リベラル派は事実を無視し、自らの定義を作り出そうとしている。簡単に言うと、彼らは話をでっちあげているのである。私は男性を女性と呼んだり、女性を男性と呼んだりしない。そんなことはばかげている!科学的な観点から単刀直入に言えば、陰茎と精巣があれば男性なのである。膣と卵巣があれば女性なのである。これは議論の余地のない真実である!

神は何とおっしゃっているか?創世記1:26-28:神は言われた。我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。神にたどって創造された。男よと女に創造された。神は彼らを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」

この創世記1:26-28に3つの真実が書かれている。(1)神は人を創造した。(2)神は自分のかたちに人を創造した。(3)神は人を男と女とに創造した。

それから次に創世記2:24に書かれている。「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。」

ノボトニー・ジェローム、OMI

ノボトニー ⋆ ジェローム 神父 について

Oblate Missionaries of Mary Immaculate (0MI)は 聖母献身宣教会 (オブレート 会)に所属するカトリックの司祭ならびに兄弟のグループです。私たちは 全ての人々 --特に貧しい人々 --が人間としての尊厳に対して、完全な自覚を勝ち取るために 努力しています。私たちは、声なき者の叫びを聞き、そして多くの人に聞いてほしい とがんばっています。正義への行動は、私たちの仕事に欠くことのできない部分であ り、抑圧と貧困の原因となる全てを変えようとしているのです。このように、私たち は、まさに命の誕生からその終わりまで、人間の尊厳を認識する社会を創ることにあ ずかっています。
カテゴリー: 同性愛, 人口 パーマリンク