トランスジェンダー(性同一性障害者)用ロッカールーム

36393293-abstract-man-or-woman-androgyn-watercolor-consept-portrait-isolated-on-white-background今朝、私はスポーツセンターの女性ロッカールームにトランスジェンダーパーソンが入ってきたという苦情を述べている女性の記事を読んだ。私は思わず「ちょっと待って!」と反応した。

トランスジェンダーパーソンとは誰のことか?女性のことか?女性ロッカールームとはどういう意味か? 第一に、トランスジェンダーパーソンとは、解剖学的に典型的な男性または女性として誕生したが、「間違った体」に生まれたと感じている人のことである。第二に、女、女性、レディとは、生物学的に子供を産める成人を指す名詞である。第三に、女性ロッカールームとは何か?女性が着替えをしたり、シャワーを浴びたり、他の女性の前で裸になったりする場所として指定されたエリア(部屋)のことである。

ヒトはこの世に男性または女性として誕生する。したがって、トランスジェンダーパーソンという言葉は正しくないと私は考える。トランスジェンダーパーソンとは、トランスジェンダーマンまたはトランスジェンダーウーマンのどちらかである。ホモサピエンスの性には男と女に2つしかない。

male-female-transgender-gender-symbols-19778563では、トランスジェンダーピープルとはどんな人たちのことか?トランスジェンダーピープルとは2つの性の間を行き来する人たちである。例えば、男性器を持って生まれた男性が自分の体に違和感を覚えている。このトランスジェンダーマンという言葉は、「自然法」ではなく「感じ方」に基づいたものとなる。この記事では、トランスジェンダーマンが自分を女性だと「感じて」いる。したがって、彼は女性用として指定されたエリア、つまり女性ロッカールームに入る「権利」を要求している

これを「権利」として主張するのは論理的でない。そう主張するなら、この1人の男性の「感じ方」によって彼女たちが(身体的、スピリチュアル的、心理的、精神的に)何者であるかを変えることが求められる。現在社会は寛容で、人間としての様々な「権利」が作り出されている。こうした「権利」の大半は一時的なものにすぎないが、法律として施行させることで人々に変化を強い、従わない場合は罰しようとする。その根本にはすべて「感じ方」がある。

男女に関係なく、すべての人間には「基本的人権」がある。私はトランスジェンダーピープルが大好きで、彼らを尊重している。我々の誰もが彼らを愛し、尊重しなければならない。だからといって彼らの行動を容認しなければならないというものではない。他者の権利を侵害する場合は特にそうである。

lavender-sunrise-dramatic-clouds-over-field-42517507私たちは相手の「感じ方」によって自分が何者かを変更する必要はない。私は第三の部屋としてトランスジェンダー用ロッカールームの設置を推奨する。そうすれば、トランスジェンダーピープルは男性か女性かという謎を解明する必要がなくなる。別の方法で参加すればよいのだ。

カトリック教徒はどのように対応するべきか?私たちは悩み苦しむ人々の生活を何とかする必要がある。それには性同一性障害で苦しむ人々と話をする必要がある。彼らのニーズや不安に積極的に耳を傾けるべきである。私たちは彼らの真の人権を守らなくてはならない。彼らを残酷で非人道的な行為から保護しなければならない。彼らのために祈り、神がその人生に何を求めているかを彼らが理解できるようサポートしよう。

「主のお告げ。わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っている。それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたに将来と希望を与えるためのものだ」(エレミア 29:11)

 

ノボトニー・ジェローム、OMI
20150321日掲載
英語原文  ー Solution: Transgender Locker Room

ノボトニー ⋆ ジェローム 神父 について

Oblate Missionaries of Mary Immaculate (0MI)は 聖母献身宣教会 (オブレート 会)に所属するカトリックの司祭ならびに兄弟のグループです。私たちは 全ての人々 --特に貧しい人々 --が人間としての尊厳に対して、完全な自覚を勝ち取るために 努力しています。私たちは、声なき者の叫びを聞き、そして多くの人に聞いてほしい とがんばっています。正義への行動は、私たちの仕事に欠くことのできない部分であ り、抑圧と貧困の原因となる全てを変えようとしているのです。このように、私たち は、まさに命の誕生からその終わりまで、人間の尊厳を認識する社会を創ることにあ ずかっています。
カテゴリー: 生命, 同性愛, 家族, 人口 パーマリンク