戦争は不合理である

war1教皇フランシスコは次のように述べている。「戦争は不合理である。その目的は破壊でしかない。破壊することで大きくなろうとするのが戦争である。強欲、狭量、権力欲。これらが動機付けとなり、戦争が始まる…現代においてさえ、第3の戦争が語られ、争い、犯罪、大虐殺や破壊行為が行われ、テロの陰謀を企てる者や武器商人などは、内心「自分には関係ない」という態度で争いを起こそうとしている。

東ウクライナでは260,000人もが避難生活を送っている。激しい戦闘では、人口密集地で重兵器が使用され、市民を含め毎日平均36人が死亡し、水や食料などの他、電力不足といった生活必需品の不足も起こっている。

fleeing012悲しいことに、戦火を逃れようとする難民(罪のない市民)が不必要に殺傷されている。老若男女を問わず、軍隊の標的になっている。

国連は無実の難民が殺害されていることに深い失望感を表明している。国際連合人権高等弁務官事務所のNavi Pillayは次のように述べている。「民間人を意図的に標的にすることは人権保護に関する国際法への違反であり、民間人を保護するためにさらなる対策を行わなければならない。傷ついたり非難生活を強いられる民間人が増える前に、東部地域での戦闘と暴力を直ちに終結させる必要がある。」

ウクライナでの暴動以降、国連は、捕虜の多くに強制労働を強いる身体的・精神的拷問や不当な扱いを伴う拉致を含めた人権の深刻な乱用について報告をまとめている。また、恣意的な拘禁、強制失踪、身体的な拷問などの人権侵害も報告されている。

Checkpoint and camp for refugees from Ukraine in Rostov Region施設に入所している子供や高齢者、身体障害者といった最弱者にはどうなっているのだろうか?国連は、多くの人がウクライナの他の地域に脱出しようとするものの、武装集団によって阻まれていると報告している。

冬が近づく中、戦闘と暴力を至急終結させる必要がある。この地域に平和と安定をもたらす力を持っているのはロシアである。私たちはロシアがイニシアチブを取り、ウクライナの領土の返還とウクライナとの平和的な共存に向けた長期的且つ平和的な合意を実現することを求めている。住んでいる地方に関わらず、ロシア人がロシア人を殺すことはロシア人にとって無意味なことである。軍隊の勝手な行為を放置することは人間性に対する罪であり、ロシアは指導力を持って国民に解決策を示さなければならない。

 

ノボトニー・ジェローム、OMI
20140920日掲載
英語原文  ー War Is Irrational

ノボトニー ⋆ ジェローム 神父 について

Oblate Missionaries of Mary Immaculate (0MI)は 聖母献身宣教会 (オブレート 会)に所属するカトリックの司祭ならびに兄弟のグループです。私たちは 全ての人々 --特に貧しい人々 --が人間としての尊厳に対して、完全な自覚を勝ち取るために 努力しています。私たちは、声なき者の叫びを聞き、そして多くの人に聞いてほしい とがんばっています。正義への行動は、私たちの仕事に欠くことのできない部分であ り、抑圧と貧困の原因となる全てを変えようとしているのです。このように、私たち は、まさに命の誕生からその終わりまで、人間の尊厳を認識する社会を創ることにあ ずかっています。
カテゴリー: 軍事力 タグ: , , パーマリンク